『ハコスカ』パーツ開発
第一巻


06年10月11日 あとは任せた

14インチ対応ポン付け4ポットキャリパー取り付けキット」 のテスト走行用のアダプターを作り、無理を言ってテストドライバー所有のGTRに取り付けてもらいました。
このGTRにはすでに300ミリローターのR32タイプMキャリパーが付いていたのですが、それを外して280ミリローターとFC3Sキャリパーに付け替えてもらいました。
厚さ20ミリのロールセンターアダプターも装着されていたのですが、これも急きょ製作した 「厚さ25ミリロールセンターアダプター」 の物へ付け替え。
干渉チェックOK。ストラット、ナックル、ローターとは絶妙に2〜3ミリのクリアランスで出来ています。
キャリパーのオーバーホールはテストドライバーにお任せして、新品のパットを手渡して一先ず退散。この時点で夕方の6時でした。

この後彼は朝の4時まで作業を進めたみたいです。翌日のお仕事は大丈夫なのかな?




06年10月06日 試作品完成

s30zの時はかなり苦労したけど、今回のハコスカは図面修正2回目でうまく行きましたね。こんなにスムーズに出来て大丈夫なのかな?おらは頭悪いけど少しは学習能力あるのかな?そんな訳ね〜か。
画像では20mmのロールセンターアダプターを付けていますがキャリパーと干渉したのでワッシャーをかませて無理やり25mmにしています。
どうやら25mmのロールセンターアダプター、またはネガキャンアダプターとの併用が必要です。
アルミ製なので重量は非常に軽く、なんと300g。
ハヤシ 14インチX7J オフ−6ミリ はそのままでクリアーしました。
ワタナベ 14インチX6J オフ+21 は、5ミリのスペーサーを入れてもキャリパーのフィン部分が干渉したので、フィンを軽く削ってクリアー。
ブレーキホースはハコスカ純正が手持ちにないので未確認ですが、たぶん大丈夫だと思います。
試作品は取り付け穴が長穴になってしまったので、大至急テスト走行用の物を作ってテストドライバーに預けます。300km/hからのフルブレーキで問題なければOKとしましょうね。




06年10月04日 ココ掘れワンワン

翌日の早朝、早速堀りに行ってきました。収穫は右側のみですが、美味しそうなのが取れましたよ。
私アイルトンは腰痛のため穴を掘る事ができず、M部長を引き連れてFC3Sの臭いを便りに探検に出発しました。
さすがM部長「東の方向です。」との事で車を走らせて20分後に発見してくれましたよ。
私アイルトンは横にあったニワトリ小屋のポッポチャンと遊んでいました。
予想どうりドンピシャです。
AE86のブレーキ開発の時もそうだったけど、困った時のFC3Sです。
ハコスカの50連勝を止めたサバンナRX-3の血を引き継ぐ、RX7(FC3S)のキャリパーで今度はハコスカを安全に止めてもらいましょう。
この後車両に取り付けてタイヤを付けて干渉をチェックしようとしたら、なんと14インチホイールが無かったのです。M部長、君の鼻だけが頼りだぜベーベー!




06年10月03日 採寸、測定

キャリパー重量
GC10・・・・・・・・・・4.9kg
R32タイプM・・・・・3.5kg
EG6・・・・・・・・・・・4.9kg
PS13・・・・・・・・・・4.7kg
FC3S・・・・・・・・・・3.2kg ←06,10,4追記

GC10用ロールセンターアダプターは完成しました。
ローター重量
GC10・・・・・・・・・5.0kg・・・Φ253X13
R32タイプM・・・・7.7kg・・・Φ280X30
EG6・・・・・・・・・・5.5kg・・・Φ262X21
PS13・・・・・・・・・6.5kg・・・Φ280X22
R33タイプM・・・・・6.5kg・・・Φ296X30
RA9・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Φ300X28
S2000・・・・・・・・・・・・・・・・・・Φ300X25

FC3Sキャリパーを除いてどの組み合わせもポン付け14インチはダメでした。キャリパーを削るか、ストラットを削るか、タイヤを削るか、どうしましょ?
大至急FC3Sキャリパーを掘りに行かねば・・・




06年10月01日 観察(フロント14インチ対応4ポットキャリパー計画)

フロントのブレーキを現行車のキャリパーに替えるため、とりあえずストラットをばらして掃除です。お約束のグリースとシャシーブラックでベトベトです。

リクエスト
1:溶接加工なしのポン付け。
2:よく効く。
3:見た目かっこ良くて、深堀ホイールが装着できる事。
4:安く手に入るキャリパーで、パットの選択肢が多い物。
5:ホイールは14インチ対応 (必須条件)。

等と、まぁ〜わがままイッパイで、やり甲斐がありそうです。
寸法を取るためにどんどんばらします。ローターとハブは錆び付いていて、切り離すのに2時間掛かる予定でしたが、3分で取れてしまいました。根性が足りんですな。もっとガッチリ錆び付いといてくれないと、やりがいがありませんです。

ロールセンターアダプターは図面を書いて、製作に入りました。
候補に挙がったキャリパーは、R32タイプM、シビックEG6、PS13ターボ、FC3S。
とりあえずキャリパーは1日でそろえました。一日ですよ。かっこい〜!
FC3Sは手に入りにくいので却下決定。
R32タイプMは14インチホイールが無理っぽいのでこれも却下の予定。
シビックEG6はパットの選択肢は多いけど、ブレーキホースがGC10純正が使えないのでダメっぽい。どうしましょ?
最後まで残ったPS13ターボ用は、方押しシングルポットなので果たしてかっこいいか?
今日中に採寸したかったけど、今日も腰が痛いのでまた明日・・・




06年9月28日 我が家にハコスカがやって来た

朝、会社に出勤したら240zの影に何やら見慣れない車が一台?
2ドアか?
いや4ドアか?
よーく観察してみましょう。あまり見すぎるとボディーに穴が開くといけないので、そーと近寄って見て見ましょう。
ありゃま〜!ハコスカの4枚ではないですか!
これはハコスカのパーツを造りなさいと言う神様のお告げでしょうか?